トキオ好きのための情報館

長瀬智也の愛車とバイクがセンスがいいとマニアの間で話題に

長瀬智也は見かけもワイルドですが、車の好みもかなりワイルドなんですよね。しかも車だけでなくバイクも相当なマニアだという話です。長瀬の愛車やバイクについてまとめてみました。

 

長瀬智也の愛車は?

2007年に相武紗季とスクープされた際に写っていたのが「フォード・シェルビーマスタングGT350」という車でした。60年代の古い車で車好きの間ではかなり人気の車のようですね。低音のエンジン音がなんともいえないんだそうです。かなり目立つ車なので長瀬=GT350というのも有名でした。
そして2014年にバイオリニストの彼女を愛車に乗せて彼女の実家へ行った事がスクープされましたが、その際に乗っていたのは「メルセデスベンツCL600」でした。乗り換えたのか数台所有しているのかは定かではありませんがワイルドな車が好きなようですね。長瀬のフォード・シェルビーマスタングGT350はこちら

GT350画像1

メルセデスベンツCL600はこんな感じですね。

ベンツ画像2

 

長瀬智也はバイクもかなりマニアだった?

長瀬の愛車が渋い!という話題の他にもかなりのバイクマニアだというのが有名ですね。バイオリニストの彼女の実家へ行ったという報道がありましたが、その後、一人で自宅に戻って「ハーレーダビットソン1942FL」に乗り友人と会っていたようです。2008年には「HOT BIKE JAPAN」で表紙を飾り愛車について熱く語っています。ハーレーは何台か持っていて、やはり旧式のものが好きみたいなんですよね。なので欲しいバイクはなかなか手に入りにくくて、1年かけてバイク仲間にも協力してもらったけど手に入らずアメリカのオークションでやっと手に入れたんだとか。
そして毎年行われている「ヨコハマ ホットロッド・カスタムショー」にもよく訪れているようです。2010年にはこんな記事も出ていました。

「今年もきっと来ると思ってました。予想以上に気さくでカッコよくて、改めてファンになっちゃいました!」
そう興奮気味に語るのは、12月5日にパシフィコ横浜で開催された「ヨコハマ ホットロッド・カスタムショー2010」に参加した20代女性。今年で19回を迎える同ショーは天候にも恵まれ大盛況。そんななか、前出の彼女を含め、ひときわ注目を集めていたのが、会場に駆けつけたTOKIO・長瀬智也の姿だったのだ。
「ホットロッドとは、加速力を競い合うために中古車の部品を寄せ集めて手作りした”カスタムマシン”のことです。1920~30年代にアメリカで生まれ、現在もファンを増やし続けているのですが、長瀬もその魅力にハマっているひとり。バイク専門誌にも自身の愛車とともにたびたび登場し、今年のゴールデンウィークにはお忍びで筑波サーキットのバイクレースにも参加していたほどですから、本当に好きなんでしょうね」(週刊誌記者)

 

当然ながら、これまでにも同ショーに毎年顔を出してきた長瀬。今年は友人であるNEIGHBORHOODのデザイナー・滝沢伸介氏とチーム「LAND SNAIL RACING」を結成し、自身のカスタムマシンを出品していたという。
「長瀬くんのチームはバイク12台とホットロッド2台を出品していて、いくつも賞をもらってましたよ。長瀬くんが手がけたフォードとハーレーも受賞してました。マシンの写真はもちろん、長瀬くん本人も写真撮影に応じてくれたんですが、オーラが半端ないのに全然気取ってなくて、めちゃめちゃカッコよかったです」(前出の女性)
彼の周りに集まる人だかりの一部はファンらしき女性であったものの、大半がモーターマシン好きの男性。口々に「長瀬、カッケー!」「顔ちっちぇー!」と言いながらカメラを向ける不躾な輩も多かったようだが、当の長瀬は大してイヤがるでもなくテレビで見せる通りの飾らない笑顔で応えていたという。そんなフランクな姿に、参加者によるブログでは「長瀬いい奴じゃん」との評価も続出した。常に自然体で、一貫して自分の”仲間”や”好きなもの”を大切にする姿勢を崩さない長瀬。そんな彼の魅力はジャニーズファンだけでなく、同性のバイクファンや一般視聴者にもしっかりと届いているようだ。(引用元:サイゾーウーマン)

カスタムショーに参加していた様子がこちら

カスタムショー画像3
愛車のハーレーダビットソン1942FLに乗っている姿はこちらです

ハーレー画像4

車もバイクも旧式のワイルドなものが好きなんですね。長瀬はデートの時でも変装をしないと有名ですが、このようなイベントでも変装もせず芸能人ぶることもなく対応するところがすごくかっこいいですね。次に彼の目にとまるワイルドな車は何なのか気になりますね!

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る