トキオ好きのための情報館

TOKIOのボケ担当?!長瀬智也の天然エピソード15連発

長瀬智也は歳を重ねるごとにワイルドにかっこいい大人の男性になっていますが、昔から変わらないのが彼の天然ぶりです。かっこいい外見と天然のギャップがまたいいのですが、今までどんな天然ぶりを発揮してきたのかいろいろな天然エピソードをまとめてみました。

天然発言満載の長瀬

・初詣に行った時に神社の人に「おめでとうございます」と言われ、笑顔で「ありがとうございます!」と返した。おめでとうございますの意味が違う
・「チーターって知ってる?」の質問に「足の速い人でしょ?」と動物のチーターと水前寺清子がごっちゃになってる
・人生最大の転機は?と聞かれ「母親が産んでくれたこと」と答える。それは転機じゃない。
・ヒョウを見て一言「すげぇ!ヒョウって本当にヒョウ柄なんだね」
・「なんすか!あの怖そうな食べ物は!」とお品書きを指さした先にあったのは「天麩羅蕎麦」
・五目炒飯を五目抜きで注文する

長瀬智也が答えている姿が想像できますね。

完全に勘違いの天然エピソード

・1メートルは60cmだと思っていた
・鶏肉の肌がブツブツしているのを見て「なんでブツブツしてるの?寒いの?」と聞く。すかさず国分が寒い時の人間の肌が鶏の肌と似てるから鳥肌って言うんだよという意味で「逆だよ!」と言うと「え?!暑いの?!」と。そうじゃなくて!
・グリーン車について「やっぱ速いっすね!」(グリーン車も普通車も同じ速さですね)
・1世紀は9年
・英語で牛は「ビーフ」、鶏肉は「バード」
なんとなく勘違いしている意味がわかることもありますけど、なんで1世紀は9年だと思っていたのか不思議ですね。こちらの画像は「子牛」を英語にした回答です。

天然画像1

 

ジャニーズに関係した天然エピソード

・滝沢秀明がテレビに出ていたので「今日いっぱいテレビで喋ってたね!」と電話したが滝沢は「え???」という反応。実は長瀬が見ていたのはウエンツ映士だった。さらにw-indsもジャニーズの後輩だと勘違いしてお菓子をあげたりした
・松岡昌宏の舞台を観に行き、松岡が舞台に登場すると「よっ!待ってました」と掛け声をかけ舞台鑑賞禁止令が出た
・V6の「MUSIC FOR THE PEOPLE」を「みゅーじっく・ふぉー・ざ・『ぴーぽー』=サイレンさえも音楽に聞こえるぜ!」という歌だと思ってた。
・ぐるナイのゴチになります!に出た際、設定金額に近づけるように周りが必死に考えている中、長瀬は食べたいものを食べてかなり金額オーバーに。

長瀬ゴチ画像2

いつまでも少年の心を持っている長瀬らしいエピソードですよね。これからどんどん歳を重ねていってもこの天然さは変わらないでいてほしいと思います。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る